読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愛・おぼえていますか」から考える「マクロス・ザ・コンプリート」

前のエントリーでも取り上げたんだけど、よく考えたらこれだけでも独立して語りたいので改めて記事にする。

まず皆さんにはっきり言っておきたい。超時空要塞マクロスの音楽を良いと思われるなら、これは買っとけ。

映像(DVDとBlu-ray)はいっぱい出すぎて分からないが音楽CDならいえる。

四の五の言わずに買え。話はそれからだ。

単体のマクロス音楽集が複数CD化されているが、結局これが一番オトクである。それにマクロス・ザ・コンプリートだけに収録されてる曲もあるのでこれしかない。

早瀬未沙の曲もちろん収録されている。*1

ただし「マクロス Vol.III MISS D.J.」関連は含まれない。

定価は7,865円であるが、残念ながら純粋な新製品というのはないと思う。すでに廃盤だろう。

だから買うなら中古ということになるが、そこは割り切っていただきたい。

そうすると買うところは「Amazon」「駿河屋」「ネット(ブック)オフ」などの中古取扱専門店や「ヤフーオークション」等を利用した個人間の売買等による入手方法がある。

わたしはちまちま値段を確認しながら買うのが面倒だったから、最初から中古専門店の通販を狙っていた。

たまたまイラストが欠けている中古が2,500円という破格値で販売されていたので、なんのためらいもなく購入した。

中古で5,000円という値段が当たり前であることを知っていたからだ。

さて、この「マクロス・ザ・コンプリート」というCD集を「愛・おぼえていますか」のサウンドトラックとしてみてみるとどうだろうか?

純粋な劇場版サントラとしてマクロス・ザ・コンプリートに収録されているのは以下のとおりである。

disc2

1.永遠の愛-プロローグ

2.戦いの運命

3.ラブ・モーメント

4.ティーンエイジ・ドリーム

5.愛・おぼえていますか(ロング・バージョン)*2

6.50万年の戦い

7.廃虚の星

8.サイレント

9.都市浮上

10.エターナル・ラブ

11.ビフォー・ザ・バトル

12.揺れ動く心

13.ここより永遠に…エピローグ

14.天使の絵の具

disc3

Truck24から45が劇場版未発表曲*3

「純粋な」といったわけは次のとおりである。実は「愛・おぼえていますか」を見た方ならわかると思うが、劇中に使われている曲の一部はTV版の流用である。だから「ドック・ファイター」とか「運命の矢」などバリバリ使われている。その意味では真新しさがあまりないのだが、元が良い音楽なのでなんの問題もない。もちろん劇場版用の新譜もある。

それを踏まえて考えると、TVの後発である劇場版の新譜音楽は、当然TV版よりていねいに録音記録されているはずで、実際オープニングの「永遠の愛-プロローグ」を聞くと鳥肌モノである。

ただ、やむを得ないところもあろうが「メインタイトル」のサビを使いまわすところが多い。これはほかの映画でもよく見られるので取り立てていうことでもない。

しかし、TV版では羽田先生の頑張りで「アレンジではない」数々の特徴のある印象深い名曲を生み出だされていることからすると少し残念ではある。

もちろんだから新譜の音楽がしょぼいということではない。ブラッシュアップされて更に冴え渡っている印象だ。

あと、映画ではタイトルが出たときのタイミングで「バーン」と音が高くなった記憶があるのだが、そこから考えるとCDは若干おとなしめである。

そしてなんと「愛・おぼえていますか」の劇場版での音声は「モノラル」なのであった。同じ年のゴジラはたぶんドルビーステレオだったような気がするので、技術的な問題ではなさそうだが……

だとするなら「ステレオ」録音のこのCDは、それだけで良いものといえるだろう。

*1:「遥かなる想い」と「傘の中」の2曲。

*2:なぜロングバージョンなるものがあるかといえば、当時のEPには劇場版の原曲が長すぎて入らなかったため、わざわざショートバージョンが作られたからである。

*3:タイトル名はなく「M-X」という命名法