読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北の重要な収入源の一つ「工業団地」操業中断から1年

韓国のパク・クネ(朴槿恵)政権は去年2月10日、北朝鮮による核実験と長距離弾道ミサイルの発射を受け、独自の制裁措置として、北朝鮮南西部のケソンで共同で運営していた工業団地の操業を全面的に中断しました。 

 太陽政策も終わったね。

韓国統一省の関係者によりますと、工業団地の操業中断によって、去年の北朝鮮との輸出入の合計額は3億3300万ドル(日本円でおよそ370億円)で、前の年の9分の1になったということです。操業中断以前に北朝鮮の労働者に支払われていた年間1億ドル以上の賃金は、多くが北朝鮮指導部に流れていたとみられており、統一省は、「外貨の流入が遮断され、キム・ジョンウン金正恩)政権に少なくない打撃を与えた」と評価しています。 

北の労働者、タダ働き。いやチョコパイはもらったか?

たしかにこれだけを見れば北の経済にある程度の打撃を与えたのは確かだろう。

ただ注意が必要なのは「今も北と正式な国交を続けて、経済交流も続行中」の国も少なからずあるということ。

北は全く孤立しているわけではないので、資金の流入は続いていると思われる。