読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公共放送のAMラジオ午後7時のニュース、改編さる。

7時30分から平日放送されていた「各地からの話題」廃止。

わたしもこれは不要だと思う。だって7時45分から各地方のニュース、7時55分から都道府県別の(いわゆるお近くの放送局)ニュースがあるので2回や3回、同じ内容のニュースを聞くことがあるのだ。

もちろん自分の住んでいる地域以外の話題を知る、というのも需要としてあると思うがそれを最新のニュースで扱うとなると? という感じである。

さて、その空いた枠を何に使うのかというとなんと「小学生向け番組」である。

無謀と見るべきか英断と見るべきか…… TVだと天才てれびくんがあるからそれのラジオ版と見るべきか?

確かに壮年向けには「ラジオ深夜便」があり、若者向けには「らじらー!」等があったが「小学生」向けはなかったといえばなかった。

季刊ともいうべき「ラジオ(科学)電話相談」があったが、常設の小学生向けの番組はない。

ただどうなんだろう。この動画サイト全盛の時代、そしてそれをスマートフォンタブレットで見るという形が定着しつつある現在、聴取者を集めることができるのだろうか?