読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山で遭難しないために

単独行を避ける

登山予定表を誰かに託す

沢には下りない

ところがなぜか遭難する人のほとんどは「沢を下る」んですよねぇ…… さんざん「沢に降りてはいけない」と言われているのに。

わたしはずっと不思議だったんですけど、ようやく理由がわかりました。

まずパニックになる。そして助かりたいがために無意識に下山しようとして「沢に降りて」しまう。

この「沢に降りる」という表現が曲者で、実はほぼ滑り落ちているのではないか。

そのような急斜面を転げ落ちたら、上ることはできない。だから沢にそってさらに下山。崖or滝→Dead

わたしは単独登山の経験はない。だから想像するしかないのだが、一人で登山して道に迷ったとき「死」をイメージしてしまいパニックになるのだろう。