読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女児遺体遺棄事件容疑者、殺人の疑いで拘留延長

複雑な犯罪の場合、あらかじめ別の容疑で逮捕を行ない、後に本件で再逮捕し、捜査を進めていくことがあります。例えば、殺人事件があった場合、まず「死体遺棄事件」として逮捕を行ないます。 その後、勾留期間が20日を過ぎて釈放される頃(または被疑者が殺人を自供した場合)に、殺人罪での逮捕状が用意されており、「殺人罪」で再逮捕します。こうすることにより、複雑な事件を期限の余裕を持って捜査を進めます。

再逮捕されることで勾留期間が延長される|仕組みと対策|厳選 刑事事件弁護士ナビ

この話からすれば、本件容疑者に新たな証拠が出たので「殺人で再逮捕」というわけではなく、捜査手法としてそうしたということになる。

実際、本件容疑者は黙秘を続けているうえ「決定的な証拠」もないようである。

もしそのようなものがあるなら、さっさと検察に送ってしまっているはずである。