べつやくれいさん、シアトル・ボーイング工場へ行く

撮影もスケッチも許可されないという厳しい条件で見学。

それでもメーデー民であるべつやくさんは、ほぼ完璧な再現をおこなった。