読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南スーダン自衛隊部隊日報問題、政府(最終?)見解

政府は、自衛隊国連のPKO活動に参加するにあたって、憲法国際紛争を解決する手段としての「武力行使」を禁じていることなどから、「PKO参加5原則」で、紛争当事者の間で停戦の合意が成立していることなどを派遣の前提としています。 これに関連して、今回、公表された「日報」には、「戦闘が生起した」などと記載されています。 政府は、自衛隊法などに定められている「戦闘行為」を意味したものではなく、自衛隊が活動している南スーダンでは、国家や国家に準ずる組織の間で行われる戦闘行為は発生していないとして、「PKO参加5原則」は維持されているとしています。 

推察するしかないのだけれど、日報の「不自然な廃棄扱い」と「開示の遅れ」などがあると「意図的な隠蔽」とみられてもしょうがない。

日本の組織は隠したがるからなぁ…… 特に防衛省!! なんでも防秘にするなよ。