読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIDIの奥深い世界

MIDIを駆使して、実際の曲のように演奏させる。

そういうニッチな世界がある。

わたしは今まさにその世界に見を投じようとしているのだが、最初の「規格」をどこに置こうかというところで困っている。

MIDIそのものは「演奏に関するデータ」である。

ただ、それを再生する「方法」については様々な方法がある。

まずその「データ」自体が、メーカーによって決められた独自のものである場合。

そしていわゆる「音源」がどのようなものであるか。

最近は音源を「ソフトウェア」で表現することが多いようである。

以前はこれをハードで行っていた。ローランドやヤマハがそれを作っていたのだが今はソフトウェアに取って代わられたようだ。

とは言え今でもそれらは「良い音」を出す音源として重宝されており一部では現役である。

とまあ、こんな状況でMIDIを取り巻く状況は混沌としており、今後も目を離せない。といっても規格が統一化されたり、新たな規格が出たりするという目新しいことはないだろうが。