読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公共放送ラジオ番組「パワーボイスA」早くも失速

第2回をながら聞きしていたのだが、最後の最後になって「ぎょっ」とした。

この番組のサイトには「いいねボタン」のような、クリックしただけ金額が上がるという不思議な仕組みがある。

一クリック一円で、一人何度でもクリックできる。

先週は確か15万ぐらい行ったと思う。

さて第2回はどのぐらいだったか。

なんと6万である。

1回目の半分に満たない。

これは明らかに、1回目で多くの聴取者が番組を「切った」という証拠である。

残念ながら「つまらない」番組と思われてしまったようだ。

全国区のアニメ番組として期待が大きすぎたのだろうか?

にしても、腐っても「ゴールデンタイム」であろう。あまりにもひどい結果である。

わたしが考えるに原因は二つ。

まず番組の「中身」がなさすぎる。

プロ声優を集めて(といっても二人だけだが)おいて「早口言葉コーナー」とはあまりにも、短絡すぎないか?

そして番組の「情報」がなさすぎる。

古い話で恐縮だが、1980年代前半のラジオアニメ番組では「テレビアニメの新作の情報」とか、「アニメ映画の情報」とか、「声優さんの活動の情報」とか、「声優さんの考えた面白いコーナー」などがあったような気がする。

本放送ではそれらが皆無である。いったい何がしたい番組なのかがわからないのだ。

いっそのこと「アイマスのラジオ」として、制作したほうがよかったのではないか。

ただこれは「公共放送」としての制限からすると無理もないかもしれない。下手すると「民放アニメ番組のCM」になりかねないからだ。

それでも第1回であれほど「アイマスアイマス」と連呼していたのだから、無理ではないはずだ。

早めにテコ入れをしないと、打ち切りの危機である。

声優さんは悪くないので、誠に残念である。